所有権はどうなるの?

OFF

質屋の利用法にも2つのパターンがあります。

一つは品物を預けお金を借り、3ヶ月以内に利息を含めて返済し担保として預けていた品物を返してもらうという方法です。

もう一つは、最初から品物を買い取ってもらい、その場で現金と引き換えるという方法です。

質屋の利用の仕方によっては、品物の所有権も扱いも変わってきます。

まず品物を買取ってもらう場合は、お金と引き換えにした時点で所有権は質屋側に移ります。

品物の種類によっても条件が変わりますが、比較的高価買取をしている人気ブランド品でも時間が経過すると価値が下がるので査定も下がってしまいます。

一旦は買取ってもらいお金と引き換えにしたが、後からお金を返すので品物を返して欲しいといってもそれは通用しません。

売る場合は一度よく考えてから取引する事をおすすめします。

質屋には質預けというシステムもあります。

品物を持っていきその品物に見合う金額を借り、一定期間内に利息を含めて返済し、その時に品物と交換するという仕組みです。

★おすすめ情報サイト・・・→ネット質屋の活用法

この場合品物をあずけてから3ヶ月間はお客様に所有権があります。

3ヶ月間は質屋の保管設備で大切に保管されますが、3ヶ月を1日でも過ぎれば質流れとなるので、品物の所有権は質屋側に移ります。

これは質屋営業法でも決まっている事ですし、お客様側も利用する際に契約をしているので、例外は認められません。

ただし期限内に利息を支払えば、預け期間を延長する事は可能です。